家族と同じだからいざという時に備えてペット保険を

###Site Name###

いろいろなペットを飼っている方がいらっしゃると思いますが、ペットとしての鳥のかわいらしさは、飼ったことのない人にはわかっていただくことは、難しいかもしれません。
私たちが飼っているのは大型のインコですが、犬や猫と同じように意思の疎通も出来ますし、喜怒哀楽の感情表現もしてくれます。

小型の鳥類とは違い、寿命が何十年とあるため、その間には、人間と同じようにいろいろな病気にかかったり、怪我をすることもあり、そうすればペットクリニックでの治療も必要になります。



人間の場合には、ほとんどの人が保険に加入していると思いますが、ペットの場合はほとんどが未加入です。

今のところとても健康状態はとてもいいのですが、いざというときのために備えて、愛鳥のペット保険加入を考えるようになりました。かかりつけのペットクリニックで相談したところ、鳥が加入できるペット保険のパンフレットをいくつかくださいました。家族みんなでパンフレットの内容を確認・検討して、補償内容に納得できるものに加入することに決め、手続きを取りました。

ペット保険には加入したものの、いつまでも健康で、ペット保険からの支払いを受けないことが、いちばんいいと思っています。

鳥としては寿命が長いとはいっても、確実に私たちよりは先に天に召されると思うと、その日を迎えるまでの間は、後で悔いを残すことのないように、一緒に過ごせる日々を大切に生きていきたいと思っています。
私は、昔から動物が大好きで特にフェレットが大好きでした。

ペットとして買いたいと常に思っておりましたが、母親が動物が苦手の為にあきらめていました。



しかし、社会人となり一人暮らしをする事になり、これを機会にフェレットを購入する事に決めました。




部屋の契約と同時にペットショップに行き、店員の方に話をすると、フェレットに必要な物や飼育方法の他に、フェレットは病気になりやすい動物だと言われました。
他の動物よりも比較的腫瘍のできやすい動物で、半数以上が何らかの腫瘍にかかるそうです。




治療費もかかり、病気にもよりますが手術になると20万以上かかる例もあるとか。

私の給料では払えるはずもなく、半ばあきらめているとペット保険の申し込みを持ってきてくれました。

ペット保険に入れば掛け金によってですが、治療費の50%~100%が戻ってくるそうです。

勿論、予防接種や、去勢・避妊手術、出産費用などの補償対象外はありますが、ケガや病気の時には申請をすればすぐに支払ってくれるそうです。
私はフェレットの購入とともに、ペット保険に加入しました。


家族の一員になるのですからなるべく健康で長生きしてもらう為にもペット保険は必要だと思いました。病気やケガをしないように気を付けて飼育する事は当たり前ですが、万が一の時にもこれで安心です。

ありがたいことに、今のところまだ利用はしていません。


これからも健康に気を付けて可愛がっていきたいと思います。




http://allabout.co.jp/gm/gt/2503/
http://okwave.jp/qa/q8295998.html
http://www.47news.jp/smp/topics/entertainment/oricon/ranking/198998.html